どうすれば外注記事の質を高めることができるのか?

運営するサイトに質の良い記事をアップし続けることはアフィリエイトにおいて非常に重要なファクターです。

 

とはいえ、記事の作成だけでなく、サイトの管理やライバルサイトの分析などをすべて1人で行っていたら、とても時間が足りないと感じることでしょう。

 

運営するサイトの数や規模が大きくなるにつれて、多くのアフィリエイターがこの問題に直面しているはずです。

 

また、「競合相手はほとんどいないものの執筆にあまり自信が持てない」というテーマに取り組まなければならないケースもあります。

 

そうした悩ましい状況に直面した時、便利なお助けツールとなってくれるのが「外注の活用」です。

 

このPDFマニュアル「外注マニュアルシリーズ」では、どのように外注を行なうか、という基本的なポイントに加えて、注文を行なう時に覚えておきたいテクニックなど、興味深い情報が数多く含まれています。

 

外注に依頼すると記事の質が低くなりそう」という人のために、「どうすれば外注から送られてくる記事の質を高めることができるのか」といった情報も掲載されているので、アフィリエイターとしてさらにワンランク上を目指したい人にはもってこいのマニュアルということができるでしょう。

 

アフィリエイトクラブの公式外注マニュアルの内容とは?

 

このPDFマニュアルを通して「外注に依頼するとはどういうことか」をはっきりと学ぶことができるでしょう。

 

依頼の方法には主に「おおまかなテーマだけを指定して後は全部ライターにお任せする」というものと、「詳しくキーワードや参考サイトを指定して方向性を決めておく」という2つのケースがあります。

 

それぞれの持つ利点について解説されているので、読む人は自分のスタイルに合った発注方法がどちらなのかを見極めることができるでしょう。

 

また、「1記事当たりに発生するコストはどのくらいか」「外注にかかるコストについてどんな考え方をすべきか」といったポイントも解説されています。

 

アフィリエイターは事業主ですから、コストはできるだけ抑えたいというのが本音でしょう。

 

とはいえ、長期的な視点から物事を考えることで、「外注を活用するのは賢いアフィリエイターにとって必須である」という点を学びとることができるはずです。

 

加えて、ライターの外注を請け負う業者が増えつつある中で、どの業者に依頼するのがおすすめかという点についても知ることができます。

 

ですから、本当に外注の導入を考えている人にとって、このPDFマニュアルに収められているのは大変有用な情報ばかりでしょう。

 

梅林昭郷さんの外注マニュアル、その中身とは?

 

「外注マニュアルその1」では、アフィリエイト用ツール「ももんが」を使ってポテンシャルのあるキーワードを探し、そこからどのように外注をするか、という点が詳しく解説されています。

 

外注先として取り上げられているのは「コンテンツウォーカー」です。依頼者の予算に合わせてバックリンク用の記事から専門ライターによるオリジナル記事まで3タイプの発注方法を選ぶことができる、というのは大きな魅力ということができるでしょう。

 

ただし、記事の構成やタイトル・方向性すべてを委任する場合には、追加で料金が発生することがあるので注意が必要です。

 

「費用を抑えるため、詳細は自分である程度調べておこう」という人の為に、どのような方法で参考サイトを見つけることができるのかも具体例と共に解説されています。

 

「外注マニュアルその2」では、記事の作成を外注する前に実行すべき調査の方法が「アドセンス」というキーワードを例にして細かく記載されています。

 

アフィリエイトツールの1つである「SEOチェキ」を活用することで、ライバルサイトに関する情報を簡単に分析することができるでしょう。

 

そこから得られた情報を基に外注への依頼書を作成することで、自分が意図している記事の方向性をより明確に伝えることができ、質の高い記事が納品されやすくなるというメリットがあります。

 

また、外注時に避けるべきこととして強調されているのは「あまり専門的な内容に関しては外注しない方が良い」「画像や動画などが多いページはリライトに時間がかかるので参考として指定しないのが望ましい」という2つのポイントです。

 

「外注マニュアルその3」では、外注のライターとやりとりをするため、はてなブログでアカウントを準備する方法が示されています。

 

アカウントをいちいち増やさなくてもIDを追加することで簡単に複数のライターと打ち合わせができるというのが大きな魅力と言えるでしょう。

 

このPDFの欠点

 

マニュアル番号3に記載されている情報が「はてなブログを使用して外注とコンタクトを取る」というテーマで記載されていることです。

 

それ以外のプラットフォームに関しても同じような手法が紹介されていたらもっとよいのに、という感じる人もいることでしょう。

 

このPDF の評価点

 

この「外注マニュアル」がとりわけ優れているのは「アフィリエイト報酬を効率よく増やす方法が明示されているから」です。

 

「外注しても元が取れなかったらどうしよう」と考える人は少なくありません。

 

このマニュアルでは、外注にかかるコストをしっかりと提示しつつ、「質の高い記事であれば費用分はすぐに回収できる」という根拠も示しています。

 

加えて、外注を成功させるために依頼主としてどんな努力ができるのか、という重要なポイントに関しても数多くのアドバイスが含まれているため、「これから外注をしてみよう」という人だけでなく、「外注を使っているものの思うような記事が納品されてこない」という悩みを抱える人にとっても大変有用なマニュアルということができるでしょう。

 

このPDFを入手してはいけない人

このPDFをあまりおすすめしないのは「アフィリエイトを始めたばかりの人」です。

 

外注を上手に活用するためには、外注先から納品された文章の質を見極めるスキルが求められます。

 

とはいえ、ほとんど記事を作成したことが無く、ユーザーにとって魅力的な文章とはどのようなものかをまだ理解していないビギナーがこのマニュアルを読むと、「外注に投げてそれをアップすれば簡単に儲かるのか」と勘違いしてしまう可能性があるでしょう。

 

このPDFを入手すべき人

このPDFをおすすめしたいのは「自分なりのアフィリエイトスタイルが確立してさらなる報酬アップを目指したい人」です。

 

運営しているサイトやブログのコンテンツを充実させる方法が分かってくると、「どんな文章が集客に適しているのか」「どのようにキーワードを選んで情報を検索するか」という点をしっかりと見極めることができるでしょう。

 

そのように、アフィリエイターとしての経験と実力が備わってきた段階で外注を導入することにより、報酬を大幅なアップにつながる可能性が高くなるのです。

 

記事を作成する「ライター」としての視点に加えて、「事業主」あるいは「編集者」としての見方を培うことができているなら、このPDFから得られる情報をふさわしく活用することができるでしょう。

 

個人だけでこなすことができる仕事の量は限られています。

 

ですから、「アフィリエイトでさらに多くの分野を開拓したい」と考えている人はぜひこの「外注マニュアルシリーズ」を活用してみましょう。

 

このPDFの総合評価:4.5点