アフィリエイトビジネスと師匠について考察する

何か目標を達成するためには、「メンター」が必要!とよく本に書かれています。

 

 

それは本当なのでしょうか?

 

 

「メンター」という言葉になじみが無い人には「師匠」と言ったほうがわかりやすいかもしれません。

 

 

師匠。

 

 

それは僕らの歩むべき道を指し示し、時に軌道修正をしてくれる存在。

 

 

そんな「存在」を求めて、アフィリエイトを始めようとしている人とは、お友達になれるかもしれません(笑)。

 

 

以下では、「アフィリエイトと師匠」というテーマについて考察したいと思います。

 

 

アフィリエイトのメンターって本当にいるのだろうか?

 

 

「グル(導師)が欲しい、グル(導師)が欲しい」

 

 

これが大学生時代の僕の口癖でした。ちょっとアブナイですかね(笑)

 

 

「師弟関係」などと言うと、スポーツ界の行き過ぎた指導のイメージと結びつけて考えられるため嫌悪感を抱く方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

しかし、「新しい脱皮の時期」、すなわち「ブレークスルー」を達成するためには「師」の存在が欠かせないと個人的には考えています。

 

 

なぜか?

 

 

「師」にしても「友人」にしても簡単に得られるものではありませんが、僕らはたった一人で成長し続けることもまたできないものだからです。

 

  • お小遣いをあと20万円増やしたい
  • 奥さんや子供の生活を楽にしてあげたい
  • 可愛い女の子にチヤホヤされたい
  • 頑張っている旦那さんに車や旅行をプレゼントしたい
  • 旦那の健康が心配だからブラック企業を辞めてもらいたい
  • 自分より若く専業主夫をしてくれる優しい男性と結婚したい
  • 習い事など子供の「好きなこと」をバックアップしてあげたい
  • 老後に年金プラスαの副収入が欲しい

 

以上のような「目標」を人は抱きます。

 

 

こう言ったら身もふたもないですが、これらの「目標」を心の底から信じ、学びのモチベーションを保ち続けることは実際には難しいものです。

 

 

そこで登場するのが「師」の存在です。

 

ここで1つ、身近な例をつかって「師」というものを考えてみましょう。

 

 

高校球児を頭の中に思い浮かべてください。

 

彼らが厳しい練習を耐え、地方予選を勝ち抜き、甲子園に出場できたのは監督、コーチといった「恩師」の存在があったからではないでしょうか?

 

アフィリエイトを極める場合も同様、今の自分を超える「目標」を指し示してくれたり、そこに向かう努力をサポートしてくれるようなコーチ的な存在が必要だと僕は思います。

 

アフィリエイトクラブで自らをバージョンアップする方法

 

アフィリエイトクラブは具体的な技術や情報を提供してくれるだけでなく、僕らの想像力を超えた、はるかに広い世界へと視野を開げてくれます。

 

僕は個別コンサルコースを選択しているのですが、梅林さんが隣に座って僕のパソコンをいじってくれた回数はもう10回以上になるでしょうか。

 

日ごろから「従順な部下はいらない!」と梅林さんは公言しているし、師弟というよりは「フラットな関係」を彼は望んでいるのですが・・・

 

心の中で僕は彼のことをグル(導師)と呼んでいます・・・というのは嘘です(笑)

 

 

まだそこですか?

 

はやく〜、これくらいのヘッダー作れるようになりましょうよ〜?

 

あるよ?まだ上の世界はもっとあるよ?

 

 

彼からの「問い」は必ずしも具体的ではなく、ときにハイレベルすぎるため、すぐには答えが出ないことが多いです。

 

中上級クラスになってからは、質問の「内容」によってはメールを「既読スルー」されたり、手取り足取り教えてくれることは少なくなりました。

 

だからこそ弟子と勝手に自認する僕は「さらなる脱皮の時期」を迎えるためにトライアル&エラーを繰り返すことができたのかもしれません。

 

アフィリエイトクラブであなたの世界観をアップデートしよう

 

本当の意味での「師」は弟子を手取り・足取り教えることはありません。

 

梅林さんもその一人で、そうなるには実は理由がありました。

 

梅林昭郷さんが無料で個別コンサルをはじめたばかりの頃、「早くみんなを稼がせてあげたい!」という気持ちが強すぎて、手とり・足とり教えすぎてしまい、生徒の「自発性」をつみ「依存心」を強めてしまった、という深い反省があったようです。

 

「パチスロでフィーバーしちゃった!」という安易な理由で無料コンサルをドタキャンされるなんてことはザラだったみたいです。

 

「無料」は人をダメにする・・・

 

こういった経緯があって、現在の指導スタイルが完成しました。

 

nihongo1000さんはサボリには厳しいですが、頑張る人には優しい

 

誤解のないようにお伝えしますが、ゼロ→1(ゼロから月収10,000円を目指す)講座に参加している人や初心者の方には懇切丁寧な指導を受けられますから安心してくださいね。

 

コンサルの日までドキドキしながらも、しっかり準備してきた生徒さんは「こんなにしてくれるの?」とビックリするくらいの熱血指導が体験できます。

 

サボリには厳しいですが、頑張る人にはとてつもなく優しい。

 

会員サイトだと怖いけど、梅林昭郷さんの個別コンサルは実は楽しい!

 

そのギャップに皆さんビックリするのですが、これはアフィリエイトクラブ(個別コンサルコース)あるあるなんです!

 

講座に参加して1年くらい徹底的に学び、月6ケタ以上稼ぐようになったら彼からの要求水準は上がっていきます。

 

梅林さんについて学んでいると「彼が感じている世界」を自分があたかも体験しているように感じる瞬間が訪れるんです。

 

こういうのを世界観のアップデートというのでしょう。

 

 

まだそこなの?

 

あるよ?

 

まだ上の世界があるよ?

 

 

1年前に見えなかった「世界」が更新されて、あなたの目の前に「新世界(new world)」が現れる。

 

この体験をぜひ味わってほしいと思います。

 

生徒の準備が整うと、師があらわれる

 

とは言っても、アフィリエイトの塾に参加することに、躊躇している方もいらっしゃるかもしれません。

 

本当に学べる環境がそこにあるのか?

 

現在のネットビジネスを取り巻く環境を考えれば疑心暗鬼になるのは自然なことです。

 

とはいえ、人生の分岐点に立ち、決断を迷っている。そんなあなたに僕から以下の言葉を贈りたいと思います。

 

選択に迷ったら損得ではなく心に「ピン!」と来るかどうか、少しでもあなたの「世界観」を変える可能性を持っているかどうかで判断するのが良いと思います。

 

当たり前ですが、直感を頼って失敗することはあります。でも、直感を信じ続けることが大事だと思います。

 

  • アフィリエイトクラブに入会した瞬間、大成功しました!
  • スマホをポチポチ、コピペするだけで秒速で100万稼げました!

 

みたいなことが可能であれば良いのですが(笑)、実際はそう簡単にはいきません。

 

最初の半年くらいは、きっと誰もが苦労することでしょう。

 

  • ・記事タイトル1つ考えるにも時間がかかってしまう。
  • ・アドセンス申請で早くも壁にぶつかってしまった。
  • ・シリウスやワードプレスの初期設定で何時間もかかる。

 

慣れてしまうと音楽聞きながらでもできる作業がめちゃくちゃツライ。それが最初の半年間です。

 

でも、そんな時こそ、この言葉を思い出してください。

 

 

ピンチこそ人生の醍醐味!

 

 

困ったときこそ、自分をバージョンアップできるチャンスなのですから。

 

 

カタカタカタ・・・

 

あれ?

 

俺、最近、調べてばかりだな??

 

 

考えてばかりだと「運」をつかむための「打席」にすら立てなくなる人は実は多いんです。

 

 

まずはスタートラインに立ってみませんか?

 

アフィリエイトクラブの扉を開けば、「自分はこうなりたい!」という強い「願い」が心の底からわいてきます。

 

 

なぜか?

 

 

それは会員サイトで提供される教材や情報によって努力と工夫の方向性が定まるからです。

 

 

そうやって一瞬でも道が拓ける体験をするというのは人間にとって他に代えのきかない幸福な体験です。

 

 

良い師に出会えるかは、ご縁としか言いようがないですが、良い師は一瞬ではあっても未来の自分が歩むべき道を垣間見せてくれるんです。

 

 

あなたの潜在的な力を刺激し、深い学びを持たせてくれるような場所はなかなか見つけられません。

 

 

When the student is ready, the teacher will appear.

 

生徒の準備が整うと、師があられると言います。

 

あなたはもう準備はできていますか?