梅林昭郷さんの個別コンサルを受けてきました@

「アフィリエイトの個別コンサル」と聞くと、どんな様子をイメージされますか?

 

 

 

世の中に「コンサルティング」や「セミナー」と呼ばれるものは星の数ほどあります。

 

 

株式投資や不動産投資のコンサルティングセミナー。

 

 

 

政治家を目指す人向けのセミナー。

 

 

 

自己啓発セミナー。

 

 

 

最近では、仮想通貨の運用コンサルティングセミナーなども登場しています。

 

 

 

残念ながら、多くの人は「コンサル」という表現を耳にすると、「怪しい」「騙されそう」「お金を搾取されそう」といったネガティブな印象を受けます。

 

 

 

アフィリエイトの個別コンサルに関しても、怖いイメージを持つ人は少なくないでしょう。

 

 

 

少しアングルを変えて考えてみましょう。

 

 

 

「情報の非対称性」という用語を耳にされたことが御有りですか?

 

 

 

ウイキペディアに掲載されている定義は以下のようになっています。

 

 

 

「売り手」と「買い手」の間において、「売り手」のみが専門的な知識と情報を有しており、「買い手」はその情報を得ていないというケースのように、当事者双方で情報と知識の共有ができていない状態のことを指す。

 

 

 

1例として「中古車販売」を考えてみましょう。

 

 

 

「売り手」は、販売している自動車に関して事故歴や修復歴の有無を把握しています。一方、「買い手」は(専門家である場合を除き)こうした情報を得ることができません。

 

 

 

このように、特定の事象に関して情報量が当事者の一方に偏っている状況のことを「情報の非対称性」と呼びます。

 

 

 

別の例としては「不動産賃貸」が挙げられます。

 

 

 

「売り手」である不動産業者は、自殺などの履歴を持つ事故物件であるかどうかを事前に把握しています。

 

 

 

とはいえ、その情報を「買い手」である借主に開示しないというケースは珍しくありません。

 

 

 

このように、「売り手」である販売者の保有する情報と、「買い手」である消費者の得ている情報に「格差」がある場合、正当な、あるいはフェアな取引と呼ぶことは難しいでしょう。

 

 

 

残念な事実として、世の中にはこうした「知識格差」や「情報格差」を悪用することで、「弱者」から利益を上げているという存在が少なくないのです。

 

 

 

高額な入塾料を請求するアフィリエイトコンサルもその際立った事例の1つです。

 

 

 

とはいえ、時代は変わりつつあります。

 

 

 

少し前の時代までは、情報発信者が常に「強者」であり、それを受け取る側が常に「弱者」という非常に分かりやすい構図となっていました。

 

 

 

一方、SNSが広く普及した現在では、この構図が徐々に逆転しつつあります。

 

 

 

信頼性が低い口コミサイトも存在しているとはいえ、多くの場合、消費者は商品を購入する前に、ネットを活用して品質や使用感などをじっくりと調査するようになっています。

 

 

 

アフィリエイトのコンサル選びに関しても同様です。

 

 

 

「本当に質の良い個別コンサルを見つけたい」という方たちにとって、当ブログが有益な情報発信源となることができれば幸いです。

 

 

 

とりわけ、アフィリエイトclubへの入会を検討しておられる方はぜひご一読ください。

 

 

 

 

私はこれまで、アフィリエイトに関する2つのコンサル塾に在籍していたことがあります。

 

 

 

1つ目は「SEOに関するテクニックを学ぶ」という目的で40万円以上の入塾料を支払って参加しました。

 

 

 

「コツを掴めば料金分はすぐに回収できる」ということで、あまり調べることもせずに申し込んだ結果、見事に何の成長もありませんでした。

 

 

 

今分析してみると、アフィリエイトを初めて自分なりの方法で運営しようとしていたものの、売上が上がらないために焦っていた、というのも原因と言えるでしょう。

 

 

 

いずれにしても、まさに「上手い話に乗せられた」典型で、反省することしきりです。

 

 

 

そして2つ目の塾が、「ゼロ初心者がアフィリエイトで稼ぐ方法」というサイトでおなじみのnihongo1000先生こと梅林昭郷さんが運営しておられる講座です。

 

 

以前は「100万円不動産講座」という名称で、現在は「アフィリエイトクラブ」となっています。

 

 

 

現在私がアフィリエイトで安定した報酬を得ることができているのは、この講座のお陰です。

 

 

 

こちらは「ホワイトハット」、つまり検索エンジンの設定ルールに基づいた講座です。

 

 

 

方向性を持たずにアフィリエイトの世界で迷子になっている人へ、「何を」「どのように」すれば成果が出るのか、簡潔かつ明瞭に指導してくれる魅力的な講座となっています。

 

 

 

先日、個別コンサルを受けた後で食事をご一緒する機会に恵まれました。

 

 

 

下北沢はここ数年で大きく様変わりしましたね。

 

 

 

かつては「サブカルの聖地」と呼ばれ強烈な個性が溢れていた街に、10代後半から20代前半のお洒落な若者たちが歩いていました。

 

 

 

通りにはモダンなカフェが立ち並ぶ一方で、大人のラグジュアリー感を演出したワインバーなどもあります。

 

 

 

今回は1977年創業の喫茶店「いーはとーぼ」でコーヒーを楽しんだ後、魚や居酒屋「とぶさかな」でnihongo1000さんと美味しい魚介料理に舌鼓。

 

 

 

このように、nihongo1000さんが「よく頑張った」と認めてくださった時は、お食事に誘っていただけることがあるのです。

 

 

 

梅林さんとの会話は途切れることがありません。

 

 

 

アフィリエイトに関するアドバイスから話題は次々に派生していきます。

 

 

 

梅林さんが話されるテーマはどれも興味深いものばかりです。

 

 

 

ただ、会話の中に含まれている情報量があまりにも膨大なので、私の鍛えられていない脳は情報を把握するだけで精一杯になってしまいます。

 

 

 

どこかのタイミングで機能停止するのではないかと不安になることも!

 

 

 

圧倒的な情報の波にさらされた結果、帰宅した時にはほぼデッドロック状態・・・

 

 

 

高負荷トレーニングを集中的に受けた後のような痛みを脳全体が発しています。

 

 

 

さて、「とぶさかな」というお店では、新鮮な魚介の他に旬の野菜も焼いて提供してくれます。

 

 

 

特に美味しかったのはタケノコですね。日本酒との相性も抜群でした。

 

 

 

ちょうどタケノコが運ばれてきた時、先生がおっしゃった言葉は印象的でした。

 

 

 

nihongo1000さん:

 

「僕はね、"タケノコ"というキーワードでなんでも売れるよ!」

 

 

 

この言葉を聞いた時、私は思わず聞き返してしまいました。

 

 

 

「梅林さん、"タケノコ"というキーワードで何を売るんですか?」

 

 

 

「"何でも"だよ。サプリメントでも、ワインでも、何でも大丈夫!」

 

 

 

「それ、本気でおっしゃってますか?」

 

 

 

"タケノコ"から"ワイン"が本当に売れる?

 

 

 

美味しい日本酒を頂きながら、自分ならどうするかプランニングしてみました。

 

 

 

「先生、私には成約までの距離が遠すぎるように映るのですが・・・」

 

 

 

すると先生は、

 

 

 

「まだそのレベルですか!?」

 

 

 

その一言を境に、nihongo1000さんはじっとお猪口を眺めながら何かを黙想しておられました。その鋭い雰囲気に、何も言えなくなってしまった私。

 

 

 

暫しの間を置いて、一言。

 

 

 

「スピリチュアル系のブロガーをターゲットにして、恋愛アフィリエイト講座もしくはペラサイト作成講座を宣伝するための文章構成を提案しなさい」という課題が突如出されました。

 

 

 

予想外のテーマに戸惑う私を見て、先生からさりげないアドバイス。

 

 

 

「僕が売ると、すぐ売れちゃうんだよね。がら空きになってるよね、キーワード。"占い"&"アフィリエイト"、"スピリチュアル"&"アフィリエイト」

 

 

 

この課題を頂いた後、私はおよそ1週間にわたってキーワード選択と記事作成で格闘することになりました。

 

 

 

 

梅林さんの個別コンサルを受ける前はいつも緊張します。

 

 

 

とはいえ、

 

 

 

「100記事を書きあげてきました!」

 

 

 

真面目に努力をすれば、先生は丁寧に評価してくださいます。

 

 

 

加えて、「もっと上も目指すことができるよ!」というように、常にモチベーションを高めてくださるのがnihongo1000さんの魅力です。

 

 

梅林昭郷さん公認特典付きです!勉強会(90分)の内容を文字おこししました!