成約率20%をサポートする売れる記事の書き方

毎日一生懸命記事を書いているのに、商品がまったくと言っていいほど売れない。

 

 

 

アフィリエイター初心者は誰しもこんな経験をしますよね。

 

 

 

私の場合、アフィリエイト・ブログを始めてから初めての成約に至るまで、なんと5か月かかりました。

 

 

 

トータル10,000アクセスがあるのに、わずかたった1件だったのです

 

 

 

サイトには来ているのに、なぜだれも購入しようとしてくれないのか?と本気で悩みました。

 

 

 

私がご指導いただいているnihongo1000先生こと梅林昭郷さんの無料アフィリエイト個別コンサル講座がスタートしたのは4年前です。

 

 

 

ちょうどその頃、受講生のサイトには、こんなお悩み相談が寄せられていました。

 

 

最近自分の欠点がわかってきたというか…

 

 

 

LPを作る際に自分の文章力のなさとまとめ力のなさで時間がかかりすぎてるってことに気づきました(´・ω・`)

 

 

 

ここ最近新しい分野で現在70記事近く書いてますがまだ成果は出ていなくて、しょんぼりですが(´・ω・`)(笑)

 

 

 

あきらめずに●●さんのように周りをびっくりさせるような目標を達成したいと思います(*´ω`)

 

 

先述のとおり、私自身も最初の売上が出るまでとても時間がかかったので、鬱屈した気持ちになってしまうのはよく理解できます。

 

 

コンサルを受講している生徒の多くが同様の悩みを抱えていることを知って、先生は新しいマニュアル「売れるLP」の作成を始めました。

 

 

 

 

※「LP(Landing Page:ランディングページ)」とは、サイト訪問者に特定の商品購入を進めたり、メルマガへの登録をおすすめしたりするページのことであり、売上アップを達成するためにはこのページを如何に魅力的なものとするか、がカギとなります。

 

 

簡単に言えば、ランディングページの質が高ければ高いほど、訪問者のアクション誘導は容易になる、つまり売上がアップするというわけですね。

 

 

 

「売上が伸びない」という悩みを抱える生徒たちに向けて、先生はLPに関するこんなコメントを残しておられます。

 

 

LPかぁ。最後の壁でありコピーライティングだからね。

 

 

 

ヘッダー重要ですよ?ほんとに。

 

 

 

3つの壁。クリアするの難しいのかなぁ。

 

 

 

LPの作り方マニュアル9割程度完成です。

 

 

 

みんなが使えるようにちょっと抽象度が上がってしまいましたがPDF10枚位。今週中にはUPできるかな?

 

 

先生が言及しておられた「3つの壁」とは、「ネットビジネス大百科」のコピーライティングに関する項目で説明されている

 

 

 

1. 読まない

 

 

 

2. 信じない

 

 

 

3. 行動しない

 

 

 

の3点でしょう。

 

 

 

ユーザーに動機づけを与えてこの「3つの壁」を越えさせる、というのは本当に骨の折れる作業です。

 

 

 

先生によるこのコメントを見て、コンサル生の間で期待が一気に高まりました。

 

 

 

ありがとうございます!!

 

 

楽しみでドキドキします!

 

 

わたしも楽しみ!

 

 

既に作ったLPの改善にトライします^^

 

 

 
コンサル生の期待を一身に受けながら、2015年4月20日にリリースされた新しいマニュアルが

 

 

 

売れるランディングページの作り方」です。

 

 

 

先生はワードプレスを活用した「美しいサイト作り」に関しても指導を行なっておられます。

 

 

 

確かに、ビジュアルやデザイン性はサイトの魅力を高める重要な要素であるとはいえ、「商品が売れるか、売れないか」というポイントに関して言えば、「サイトが綺麗であれば常に売れるというわけではない」という点をはっきりと示しておられます。

 

 

 

裏を返せば、「綺麗なサイトでなくても売れる可能性は十分にある!」ということですね。

 

 

 

事実、あるコンサル生からはこんな興味深いコメントが届きました。

 

 

LPは不恰好なのですが(お見せできないくらい)

 

 

自分のHP内に作っていた情報販売ページをLPに移しHPからの発リンクを減らしたところで

 

 

・・情報商材が2本売れました♪嬉しいです☆

 

 

マニュアルの効果が早速表れたので、先生も大変満足そうです。それは回答コメントにも表れていました。

 

良かったですね!

 

不格好でも思いが伝わると、意外と信用度が増すんですよ!!

 

 

その後も、マニュアルのアドバイスを生かしたコンサル生たちから喜びの声が続々と届きました。

 

 

A8やっと1つ売れました〜。アマゾン提携のだから単価が安いけど。第1歩達成!

 

 

私もマニュアルを参照しながら何とか新しいLPを作成してみました。すると、アクセス数そのものに大きな変化はなかったものの、購入率は大幅にアップしました。

 

 

アフィリエイトを始めてわずか数カ月しか経過していなかったにもかかわらず、一時期はA8で購入率が20%を上回るという驚異的な結果となりました。

 

 

このマニュアルに含まれる指針がどれほど効果的か大いに実感した瞬間でした。

 

 

この結果を報告したところ、個別コンサルの際に先生が褒めてくださった、というのも良い思い出となっています。

 

 

マニュアルの見出しは以下のようなテーマが並びます。

 

 

  • ランディングページに必要な3つの要素とは?
  • 商品を手に入れた先の未来をみせろ!
  • ヘッダーのキャッチコピーは超重要
  • 売れやすい物販LPとは何?
  • ランキング形式・比較ページで落とせ
  • 商品紹介にフックを入れることの重要性

 

 

コピーライティングの法則をLP作成と見事に調和させた、心躍るラインナップです。

 

 

 

後に梅林さんはこんなこともおっしゃっています。

 

 

LP は研究する価値ありですよ?

 

 

良いなと思う広告があったら是非見てください。

 

 

オシャレなだけじゃあダメです。

 

 

生徒を受験前にやる気にさせるのも教師の仕事なのです

 

 

私のLP はちょっと違う視点で作ってます。

 

 

このコメントを見た時、私が学習塾の講師として勤務していた頃を思い出しました。

 

 

当時、nihongo1000先生(梅林昭郷さん)もカリスマ講師として活躍しておられたため、たびたび授業風景を拝見させていただく機会がありました。

 

 

要点を突いた端的な表現で分かりやすい!

 

 

生徒からの人気アンケートではnihongo1000先生(梅林昭郷さん)がいつもトップ!

 

 

 

「コピーライティングはすべてに応用できます」

 

 

 

「仕事も、人間関係も、円滑に流れるようになります」

 

 

 

当時も今も、先生は常々そうおっしゃっています。

 

 

 

そのお言葉通り、先生のLP (ランディングページ)は一味もふた味も違います。

 

 

 

なぜユニークで魅力的なLPができるのでしょうか?

 

 

 

先生によれば「心理学」や「行動経済学」の知識を活用してLPの構成をしているため、他のサイトとは印象がまったく異なるページ作りができるのだそうです。

 

 

 

この技術力はトップアフィリエイターの中でも群を抜いています!!

 

 

 

「魅力的な文章を書く技術」と「並外れたコミュニケーションスキル」

 

 

 

まさに無敵の個別コンサルと言えるでしょう。

 

 

 

売れる、魅力的なコピーライティングを学ぶには、良い模範から学ぶのが効果的です。

 

 

 

 

「売れるランディングページの作り方」

 

 

 

商品の売り上げがまったく伸びない!

 

 

 

そんな悩みを持つ方にぜひご一読いただきたい、成約率向上をサポートするスーパーマニュアルです。

 

 

梅林昭郷さん公認特典付きです!勉強会(90分)の内容を文字おこししました!